松山で整体なら「愛媛松山整骨院」

今回は野球の投球が原因で起きる肩の痛みについてお話していきます。先日、当院に野球部でピッチャーをしている高校生の方が「ボールを投げると肩に痛みが走る」という症状で来院されました。問診を進めていくと、中学生の頃からたまに痛みがでており、数日安静にしておくと痛みがなくなるので病院などには行かなかったとのことでした。ただ今回はいつもより痛みが強く、安静にしていても痛みが引かないということで来院されました。お身体を診させてもらうと、利き手側の左肩が大きく下がり、肩甲骨が外側に開くように歪んでいました。これによって肩まわりの筋肉のバランスが崩れてしまい、肩の可動域に制限がでていました。中学生の頃から続く痛みもこの歪みが原因だと伝えました。

施術としては、まずバランスの崩れてしまっている筋肉を整えるために「トリガーポイント施術」を行っていきました。この施術をすることで深部の筋肉をしっかり緩めることができ、この時点で痛みは半分ほどまで減っていました。次に、歪んでしまった骨をまっすぐに戻すために行ったのが「B&M背骨歪み整体法」です。肩の下がりと、肩甲骨の開きがもとの位置に戻ったことで痛みをほとんど感じないくらいになっていました。今回の場合は1回でしっかり症状の変化も感じてもらうことができ、大変喜んでいただけました。

肩だけに限らず、痛みがある時は無理をせず早めに施術を受けておかれることをオススメいたします。痛みでお困りの際は愛媛松山整骨院までご連絡下さい。

松山で整体なら「愛媛松山整骨院」 PAGETOP