松山で整体なら「愛媛松山整骨院」

長期休暇が終わり、そろそろお仕事の疲れが溜まってきている方も多いのではないでしょうか?痛みがあるときには無理をされず、早めに施術を受けて悪化を防止しましょう。

今回は「巻き肩」からくる体の不調についてお話していきます。「巻き肩」とは背中が丸まってしまい、肩の位置が前方に移動してしまっている状態をいいます。デスクワークや長距離運転などの座り仕事をされている方に多くみられ、体が歪みバランスが崩れてしまっています。「巻き肩」になったからといって痛みが出るわけではありません。ただし、体が歪んでしまっていることは自分自身ではなかなか気づけないので、長年歪んだままという人も少なくありません。

「巻き肩」の状態のままお仕事などで体に負担をかけ続けると肩の周囲の筋肉にも大きな影響がでてきます。例えば、肩の可動域の制限や、長引く肩の痛みの原因にもなります。疲労の抜けも悪くなるので、常に重だるさを感じるようにもなります。このような状態が続くとかなりつらいですよね。

このやっかいな「巻き肩」を良くするためには、当院で行っている「B&M背骨歪み整体法」が有効です。この整体法は体の歪みを正しい状態に戻すことができます。肩に常に重だるさを感じる方や、痛みがなかなか良くならないとい方は「巻き肩」が原因かもしれません。お困りの際は、愛媛松山整骨院までご連絡ください。

松山で整体なら「愛媛松山整骨院」 PAGETOP